離婚の慰謝料について相談したい人へ

離婚で事前に相談したい慰謝料のこと

離婚の慰謝料で相談したいと思う人は結構いる

離婚をするなると、その後の生活に不安を持つと思います。それは離婚の原因を作った人、離婚の原因で被害を受けた人、共通の悩みだと思います。
そして、その悩みの多くを占めるのが離婚の慰謝料についてです。離婚の慰謝料は、離婚の原因を作った相手から、被害を受けた相手に対して支払われるものです。
離婚をすれば無条件で慰謝料を貰うことができる、と思っている人もいるようですが、実際には、この慰謝料を払う、または払ってもらうには、それなりの準備が必要になります。
慰謝料を請求されて困っている人、または、慰謝料を請求しているが払ってもらえないと困っている人、それぞれの慰謝料の悩みについてスポットを当てていこうと思います。

離婚に繋がる多彩な要因

夫婦が離婚に至る要因は、非常に多彩であると考えられています。離婚の原因になるものとしてしばしば挙げられるものは、価値観の相違が鮮明になることであると言えるでしょう。互いの価値観の相違が生じ、それが修復のできない状態まで至ることで、離婚するケースは大変多いとみられています。
離婚にならないよう話し合いや相談を綿密に行う夫婦も多く、このような価値観の相違は重要なポイントとして挙げられるのではないでしょうか。年代に関係なく、このような要因は離婚に繋がりやすいと認識されています。
また、夫婦どちらかの不貞行為が離婚の直接的な原因になることも多いのではないかと推測されています。浮気や不倫など、夫婦間の亀裂を大きくし、場合によってはそれを決定的なものにしてしまうことが多いと考えられています。
不貞行為に関しては責任の所在が明確になることが一般的であるため、離婚時の競技や財産分与などにも影響を与えると考えられています。
不貞行為に至る原因を突き止め、離婚にならないように夫婦関係の修復を促す動きも活発になっています。これらの要因は、いずれも離婚の原因となるケースが非常に多く、離婚の事例としてしばしば見受けられるのではないでしょうか。

離婚のときの別居方法

離婚と別居は慰謝料等に関係ないと思っている方も多いと思います。とにかく、一緒にいることが嫌で何も考えずに別居をする方も多いと思います。
別居は夫婦なので離れていてもお金を毎月もらえることが多いです。お金を妻に渡す義務があるので一文も渡さない旦那がいると弁護士に相談すると良いです。
別居をしたら二人暮らしよりもお金がかかるのでお金をもらうのをあきらめている方は頑張ってほしいです。どれだけ給料が少なくても基本は四万から六万は毎月支払っている人が多いです。
それ以下の場合や自分自身が働けない環境にある場合は調停をするべきです。我慢するのではなく調停して夫に支払い義務を約束させます。別居は婚姻関係にあるので夫婦として支払いは当たり前のことです。
離婚して困ることは支払い義務がなくなることです。離婚してよくなることはもう会わないなど誓約できることです。別居だと全く連絡を取らないやずっと会わないなど決めることはできないです。
別居していてもある程度連絡が取れなければいけません。顔も見たくない人には厳しい条件ですが夫婦でいる以上は仕方ないです。
別居でお金をうけとり続けるか別れてしまって誓約をたてて精神的に楽になるかのどっちかです。お金か精神的なことか何が大事かで離婚を考えていくと良いでしょう。

離婚の際の子どもの親権はどのように決まるのか?

離婚をする際にもめるのはどのような点でしょうか。いくつかありますが、多くの場合にもめる点となるのが子どもの親権です。どちらが子どもの親権を得るかということでもめます。では、実際に離婚の際に子どもの親権はどのように決まるのでしょうか。今日はその点について記したいと思います。
まず大抵の場合子どもの親権は協議して決めます。つまり、離婚する双方が話し合いを行い、どちらが育てるほうが子どもの福祉にとって良いのかということを考えます。しかし、競技しても決まらないことも多くあります。そのような場合にはどうなるのでしょうか。
その場合に決めるのは家裁や調停です。では、家裁はどのような要素を基に子どもの親権を決定するのでしょうか。まず特別な事情がない限り、乳幼児であれば家裁は母親のほうに親権を決めます。しかし、子どもの虐待や育児放棄をしているという場合には実際に現在子どもを養育しているほうに親権が決まります。
ですので、仮に離婚を考えてこれから別居する予定であれば、子どもを一緒に連れて行ったほうがその後の親権については有利に進みます。親権者となる親が子どもと一緒に過ごす時間が多いことも有効な判断材料となります。